CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
コラム
MOBILE
qrcode
<< 【焙煎工房 豆や】 ブラジル トミオフクダD・O・T | main | 沼津市原 cafe color(カフェ カラー) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
沼津市市場町 銀嶺(ぎんれい)
銀嶺 ぎんれい ギンレイ 沼津市 ランチ 喫茶店
沼津駅からさんさん通りを南下、静岡新聞のビルを左折して御成橋を渡り沼津市役所方面に向かう途中、右手にある喫茶店が銀嶺(ぎんれい)です。

ちょっと古めかしくも独特な雰囲気が前々から気になっていたお店です。ウサギの看板が印象的ですよね。

銀嶺 ぎんれい ギンレイ 沼津市 ランチ 喫茶店
ランチは1種類ですが、850円でサラダもデザートもドリンクも付いています。
では、いざ店内へ。

銀嶺 ぎんれい ギンレイ 沼津市 ランチ 喫茶店
中に入ると、やはり独特な雰囲気。
「銀嶺」という名前の通り、ちょっと山小屋風でもあります。「思い出帳」のようなノートが壁にぶら下がっているのも山小屋っぽいですよね。
壁にはカップやソーサーや色紙類が飾られていて、一見雑多な感じです。

銀嶺 ぎんれい ギンレイ 沼津市 ランチ 喫茶店
壁から鹿が!!ちょっとびっくりしたりして…。

色んな物があふれているのですが、よくよく見るととても掃除が行き届いていてホコリなどが見当たりません。これだけ物が有るのに、しっかり掃除をしてあるというのは立派です。思わず感心しました。

銀嶺 ぎんれい ギンレイ 沼津市 ランチ 喫茶店
特にここからの画像が暗くて申し訳ないです…。
店内は照明も落し気味なのです。嫌な暗さではないですよ。
「御登録済みのお客様には誕生日に粗品プレゼント」だそうです。どうやって登録するんでしょうね?

ホールに出ているのはお爺ちゃんです。この方が優しげでマメでイイ味出してます。細かいことなんて気にさせない、優秀なスタッフですよ。

銀嶺 ぎんれい ギンレイ 沼津市 ランチ 喫茶店
こちらが本日のランチ豚肉のレモンソテーです。


クレソンも乗って、思った以上に上品なランチです。レモン味のソースでサッパリといただけます。ちょっと懐かしい感じの味付けにも感じられました。


サラダはこんな感じです。

銀嶺 ぎんれい ギンレイ 沼津市 ランチ 喫茶店
食後にはゆずのシャーベットが。これまたサッパリと大人の味です。

銀嶺 ぎんれい ギンレイ 沼津市 ランチ 喫茶店
アイスコーヒーは山小屋っぽく銅製マグカップで。カップに付く水滴も粋に感じられます。


ホットコーヒーは何だかイイ感じのカップに入ってきました。


裏を見たら「ウェッジウッド」のカップでした!飾られているだけではなく、本当に良いカップで提供しているんですね。


大人のお客さんが多いお店ならではのサービス?
レジカウンターそばには血圧計が!!

ホールのお爺ちゃんも良かったですが、料理を作っていた男性の応対も良かったです。
2人で1700円の支払いだったのですが、2人それぞれが財布から1000円ずつ出している姿をちゃんと見ていらっしゃって100円2枚と50円2枚でお釣りを渡してくださいました。
割り勘っぽく見えないような、さりげない支払い方だったつもりなのですが、しっかりお客さんを観察しているんでしょうね。こういう細かいところに気の利いた対応って素敵ですよね。ちょっと感動したランチタイムでしたよ。

銀嶺(ぎんれい)
静岡県沼津市市場町12-4 →MAP
電話 055-931-2452
営業時間 8:00〜18:00(?)※ランチタイムは11:30〜14:00
定休日 日曜日(祝祭日の場合は営業)
駐車場 道を挟んだ向かいに契約駐車場有(1台分)

撮影編集:hideina(=塾長)

↓人気blogランキング 地域情報(東海)へエントリー中。
過去最高位は第6位!最近はちょっと苦戦中?!
果たして今の順位は?!
本日もひと押し、応援よろしくお願いします。
人気blogランキングへ


WEBマガジン的インデックス「貼り紙インフォメーションANNEX」へ

※当ブログ掲載店舗一覧もご覧いただけます。
※当ブログ内記事への移動であり、外部サイトへのリンクではありません。






このページのQRコード







| お店情報 沼津市 (東海道線より南エリア※大手町を除く) | 02:31 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:31 | - | - | pookmark |
コメント
ここは。。子供の頃(と言ったら言い過ぎ!?)から、バスで通るたびに眺めていた喫茶店です。。
通るといつも気になっていて、通り過ぎるとしらないうちに忘れてしまうんですが。。(スイマセン)。でも、ずっと気になっていました。
こんな摩訶不思議な、そしてノスタルジーを感じさせるお店なんですね。
行って、お爺ちゃんにおもてなしされてみたい。。
でも、これからも眺めていたいような感じがします。
| tomo | 2007/08/27 9:55 PM |
「これからも眺めていたいような感じ」というのも分かります。謎がひとつ解けることは、ひとつ大人になることではありますけどね。
「思い出帳」に何か書いて、数年後に見に行ってみたいような気もします。
| hideina(通称:塾長) | 2007/08/28 11:05 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック