CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
コラム
MOBILE
qrcode
<< 【沼津】沼津港ミニクルーズ 爽やかな初夏の海風と青空(前編) | main | 【沼津】沼津港 魚市場散策 inazawa >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
【沼津】沼津港ミニクルーズ 伊豆の七不思議(後編)
伊豆七不思議

伊豆七不思議のひとつ、神池に行ってみようと思い立った。


ダイバーたちをかきわけて、大瀬神社に向かう。
湿った大気から逃げるように、鳥居をくぐると、風景が一変した。

雑木林
雑木林の中をゆっくり奥に入る。
空気がひんやりしている。
辺りは静まり返り、次第に暗くなっていく。
とても海岸線とは思えない雰囲気を漂わせている。
小高い丘を越えると、まもなく神池が見えてきた。

神池
この神池、海岸の近くにあるにも関わらず、淡水である。
それが七不思議の所以なのであるが、それよりも驚いたのは、
生息している鯉の多さである。

鯉
岸に寄るだけで、わんさか集まってくるではないか。
凄まじいほどの暴れぶりに、強い衝撃を受ける。

突然海
薄暗い雑木林を更に、奥へ進む。
次第に打ち寄せては引いていく波の音が聞こえてきたかと思うと、
突然目の前に青い海が広がっていた。

海岸
見渡す限り、誰もいない。
真っ青な海が続いている。
時間の許す限り、のんびりと本でも読んでいたいような場所だった。

港
港で帰りの船を待つ。
漁船が近づいてきたなと思っていたら、それが定期船であった。
船は轟音を立てながら、沼津港へ向けて出港。

船上
小さな船は、波を弾き飛ばし、デッキに立っていた私は、強いしぶきをもろにかぶる。
しかし、なぜか嬉しい。
風と波しぶきが気持ちいい!

海の潮風をたっぷり受ける、沼津港ミニクルージングで締めくくった。

撮影編集:inazawa


■関連記事
沼津港魚市場散策

■近くのお店
かもめ丸
鮮魚食堂「ずう」
ひもの和助
たか嶋
にし与
ふみ野
あずみ野
あんぱん専門店恵比
創作鉄板料理 サラ

■沼津駅からレンタカーを借りる
ニッポンレンタカー
日産レンタカー

■ホテル・旅館
淡島ホテル(沼津)
松濤(沼津)
沼津東急ホテル(沼津)

トップに戻る
| 観光情報 沼津市 | 18:29 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:29 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする