CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
コラム
MOBILE
qrcode
<< 清水町堂庭 さぬきうどん川福  by inazawa | main | 沼津市下香貫島郷 あずみ野 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
三島市塚原新田 カフェ コルソマルケ38 (Corso Marche 38)
カフェコルソマルケ38 Corso Marche38 イタリアン バール
国道1号線を三島から箱根方面へ。
「山に昇り始めたなぁ」なんて感じになってしばらくしたところにある「塚原新田」の信号で左折して旧東海道で箱根方面に向かうと左手に見えてくる水色の建物がカフェ コルソマルケ38 (Corso Marche 38)です。

「コルソマルケ」という聞き慣れない響きが興味をそそりますね。
三島市塚原新田 旧東海道 ランチ ディナー
車のサイドシルエットをデザインしたオレンジ×ブラウンのロゴマークが印象的です。
この入口からは中の様子はほとんど分からないのですが…

エスプレッソ FIAT ミシュラン
入ってみると外から見るのとは驚くほど印象が異なるビビッドなカラーリングです。


窓際にはワインのボトルがズラリ。テーブルの向こうにある雑誌は全て車関連のものばかりです。


壁にはミシュランモナコグランプリの古いポスターが。


窓際のワインボトルは、よく見るとフェラーリ・ブリュットでした。
かなりの車好きですね、これは。


レジ横のカウンターには立派なエスプレッソマシーンが。良い圧力が掛かりそうで、これは期待できそうです。
僕の勝手なイメージですが、車の扱いやメンテナンスと、エスプレッソマシーンの扱いやメンテナンスって何か共通するところが有りそうじゃないですか?!


カウンターに立つ奥様に店名の由来をうかがったところ、
「イタリアにかつて存在した自動車メーカー『ABARTH(アバルト)』の本社があった住所です。『38』は番地なんです。今はABARTHはFIATに買収されているのですが」とのことでした。
ご主人の趣味かと思えば、
「2人共イタ車が好きなので」との返事。
「イタ車」という響きが本当に好きそうなニュアンスを伝えてきます。
HPを拝見したところ、奥様はバリスタであり、サーキットで走ることもある様子。好きなことを合体させたお店ってことですね。すぐお隣にはイタリアを中心としたヨーロッパ クラッシックカーのレストアを専門とする工場「ピットーレはやし」があり、こちらが本業のようです。


メニューを見ると漂ってくるイタリア感!「エスプレッソに砂糖をたっぷり」なんて聞くと「本格的!」なんて思います(←僕はイタリアに造詣が深いわけでは無いけれど…)。


エスプレッソグラッパカフェ コレットビスコッティも魅力的に響きます。


生ハムも充実しています。
…と言っても僕は「パルマ」くらいしか分かりませんが。


イタリアですのでパスタ類も当然あります。この時期に嬉しい冷製パスタも。
アメーラトマトの冷製パスタ」の「アメーラトマト」は静岡県産のトマトの名前です。「甘ぇ〜ら」ってことですよね?!方言ですね。方言でダジャレ。


そして、僕には嬉しいパニーニも。食パンパンファゴットからパンの種類が選べます。


と、言うわけで僕もカミさんもパニーニカプレーゼ(650円)をオーダー。
この写真は食パンのものです。焼き目が香ばしくて、中身のモッツァレラチーズとトマトがみずみずしくて好きな感じです。鼻に抜けるバジルの風味も充分。


こちらはパンファゴットのものです。生地がモチモチとして、表面がパリパリとして、こちらも負けず劣らず良い感じです。
「食パン」ってありふれた食材に感じますが、この2種のパン勝負は甲乙付けがたい名勝負です。食パンを見直したりして。


サラダに掛かる黒っぽいものはパルサミコ酢でしょうか。口に入れた瞬間は何となく甘くてフルーティーな印象ですが、徐々にさっぱりとした感じになります。


付け合せのポテトもカリカリとして美味しかったです。
よくよく見ると下が長めのポテトで、上に行くほど短めのポテトです。密かに「井形」に積み上げられていて芸が細かいですよね。

アイスカフェラテ アイスカフェラッテ
こちらはアイスカフェラッテ(550円)です。ベースのエスプレッソは先ほどの赤いエスプレッソマシーンで淹れてくれていました。
「少しガムシロップが入っていますので、後はシロップはお好みでどうぞ」とのこと。
エスプレッソ感がしっかり濃いのですが、苦いのではなく風味がたっぷりというイメージです。
普段はコーヒー類に砂糖は入れない僕ですが、砂糖を入れたことによって得られる美味しさを感じましたよ。


カミさんはカモミールティー(400円)をオーダー。ポットに入ってきて2杯分くらい飲めます。
カップに書かれている「Morganti(モルガンティ)」とはコルソマルケさんで使用しているイタリアのコーヒー豆メーカーの名前です。


カフェや喫茶が本業のお店ももちろん良いですけど、本業が他にあった上で、あまり商売っ気無しで「好きだから始めました!」というお店も魅力的に感じます。「こういうものが有るのを知って欲しい」とか、「こだわったものを味わって欲しい」なんて気持ちが込められていそうで良いですね。
「こんなところにカフェがあるの?!」と不安になる道沿いですが、カタカナ表記の看板も出ているので、きっとお分かりになると思いますよ。

カフェ コルソマルケ 38(caffe’ Corso Marche 38)
静岡県三島市塚原新田498-2 →MAP
電話 055-973-3341
営業時間 11:30〜22:00(L.O 21:30)
定休日 水曜日
駐車場 店前に有
コルソマルケ38 HP

撮影編集:hideina(=塾長)

↓人気blogランキング 地域情報(東海)へエントリー中。
過去最高位は第6位!最近はちょっと苦戦中?!
果たして今の順位は?!
本日もひと押し、応援よろしくお願いします。
人気blogランキングへ


WEBマガジン的インデックス「貼り紙インフォメーションANNEX」へ
| お店情報 三島市 | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:09 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://harigami.jugem.jp/trackback/220
トラックバック