CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
コラム
MOBILE
qrcode
<< 沼津市足高 罔殆館(もうたいかん) | main | 裾野市石脇 カレーの店 時遊亭(じゆうてい) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
沼津市下河原町 カフェ・ブラン (cafe blanc)
カフェ・ブラン
沼津駅を沼津港方面に約1.5キロ南下、沼津下河原郵便局より少し手前の右側にあるブナやケヤキに囲まれた白い壁の平屋の一軒家がカフェブランです。

道がゆるやかにカーブしているせいで、やや見つけ辛いですが、ちゃんと道沿いにあります。干物の「和助」まで行ったら行き過ぎです。
カフェ・ブラン
ちょうど喉も渇いたところなので寄ってみることにしました。
手作りのお菓子も興味をそそります。

カフェ・ブラン
店内は白を貴重にしています。窓からの光も程よく入ってきます。

カフェ・ブラン
カウンターの後ろには様々な珈琲カップが。
写真で見ると図書館並みに静かそうな雰囲気ですが、実際は比較的年齢層の高いお客さんたちで随分と賑わっていました。

カフェ・ブラン
軽くお腹が減った時にはホットサンドやトーストなどの軽食が手ごろな価格で食べられるようです。

カフェ・ブラン
初めてのお店なのでブレンド深煎り(500円)をオーダー。
ちょっとお疲れ気味の体だったので余計にかも知れませんが、鼻から抜ける芳香が心地よい一杯でした。
一杯ずつコーヒー豆を挽き、ペーパードリップで煎れるスタイルです。

カフェ・ブラン
コチラはベイクドチーズケーキ(350円)。
チーズの濃さは丁度良い感じです。見た目もキレイですよね。

カフェ・ブラン
コチラはくるみのアマンディーヌ(380円)。
見た目のイメージよりは随分と軽い感じでした。通常クルミのタルト系は重めでずっしりとくるものが多いのですが。

周囲に季節を感じる樹木を植えているせいもあってか、看板や案内ボードのイメージよりも顧客の年齢層が高いです。みんな随分とゆっくり過ごされていました。

このお店、注意すべきポイントがいくつか有りますので、順に整理します。

カフェ・ブラン
まず駐車場。「月決め」と書いてあるところには停めてはいけません。

カフェ・ブラン
「店内では小さなお声でお話し下さい…」
割りと音が反響しやすいお店のようで、みなさん特別騒いでいるわけでは無いのですが、少しザワザワとした感じでした。
かえってそのほうが落ち着く方もいらっしゃるでしょうが。

「携帯電話の連絡は風除け室または店外でお願いします」というのは大人のマナーですね。

カフェ・ブラン
「禁煙ではありませんが、たばこは控えめにお願いいたします」
コーヒーは香りを楽しむものですしね。この書き方なら、思い切って「禁煙」でも良いかもしれません。
「たばこは控えめに…」というのはお客の健康を気遣った「いつまでも長生きしてご来店下さい」の意味でもあるのでしょうか。


最後の注意点はちょっと重要です。
カフェ・ブラン
アイスティー(アールグレイアイスティー550円)は黙って頼むと砂糖入りです!
ちゃんと温かい紅茶を淹れた上で砂糖を加えているようなので、最初から言っておけばシロップ抜きのアイスティーも出してくれるようなのですが…。
※アイスコーヒーはガムシロップの容器と一緒に出しているようでしたので、無糖かと思われます。

最近のカフェではいきなりシロップ入りのアイスティーが出てくるなんてことはほとんど無いですよね。なので今回ちょっと驚いてしまったのです。

よくよく思い返してみれば、昔はマクドナルドのアイスコーヒーにも最初から砂糖が入っていましたね。某沼津の老舗レストランのアイスコーヒーも加糖済みです。
一般には「ジャワティーストレート」などの登場以前はアイスティーも加糖が当たり前だったような気も…。
「もしかしたら、正統派の喫茶店のアイスティーは甘くて当たり前なのか?僕ら若造は本来の喫茶店の当たり前を理解していないのか?!」なんて気分にもなってしまいました。
実際のところどうなんでしょう?
老舗っぽいお店のアイスティー事情をご存知の方がいらっしゃったら是非お教えください。


撮影編集:hideina(=塾長)

豆挽きハンドドリップ珈琲・手作り菓子・フルーツティーの店
カフェ・ブラン
静岡県沼津市下河原町57-1 →MAP
営業時間 11:00〜21:00
定休日 木曜日
駐車場 店の敷地内にあり
人気blogランキングへ





このページのQRコード





| お店情報 沼津市 (東海道線より南エリア※大手町を除く) | 08:26 | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 08:26 | - | - | pookmark |
コメント
香港では、ウーロン茶には砂糖が必ずついてくるそうです。国際的には砂糖がティーに入っているのは多いようです。
オーナーはひょっとして国際派???
| ジャイ | 2007/05/26 11:59 PM |
ジャイさんコメントありがとうございます。
お茶ものに砂糖って、結構普通なのかも…って気もしますね。由緒正しいところとか国際的なところには余計にでしょうかね。
昔は家にも角砂糖とか常備してました。紅茶には絶対的に砂糖入れてましたし。

ついでに麦茶に砂糖を入れてる友達がいたのを思い出しました。
| hideina(通称:塾長) | 2007/05/27 11:38 AM |
カフェブランではいつもアイスコーヒーなので、まさか、アイスティーに砂糖入りだとは思いませんでした。その昔、まだフレイバァが淡月居さんのところにあった頃、アイスコーヒーを頼んだら、「うちのアイスコーヒーには、最初からお砂糖が入っていますが、よろしいですか?」と聞かれたことがあります。ガムシロップで飲むのは、コーヒー本来の味が損なわれるので、ドリップの際に砂糖を混ぜるのだと。まだ二十歳そこそこだったので、なんとなく、納得して、そのままアイスコーヒーを頂きましたが、美味しかったです。
| akko | 2007/08/22 4:00 PM |
akkoさん、こんばんは。
事前に声をかけてくれる気遣いって良いですよね。
エスプレッソなど本場ではたっぷり砂糖を入れますが、砂糖の入っていないほうが多数派である日本では、よほどの常連さんで無い限りは「ウチのは入ってますが」「入れるのをお勧めしてますが」と声を掛けてくれるか、メニューに明記しておいてくれるとお客としては嬉しいですよね。
| hideina(通称:塾長) | 2007/08/23 10:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/08/29 4:28 PM |